アイクリンプ(iCrimp) ボルトクリッパー 硬鋼線カッター HBR80 WS1000A-8

¥800

全長:215mm、 重さ:300g
切断材:軟鋼線材の切断に。番線、針金などの切断に。
切断能力:4.0mm(軟鋼)、2.0mm(硬鋼)
特徴:刃が開かない様にロックし、安全に保管ができます。
※注意:非絶縁工具の為、電気が流れているものには使用しないでください。

商品説明

logo

 

sr12

 

ボルトカッターは、テコの原理を組み合わせたレバーにより、小さな力で太い鋼材を簡単に切断することができる非常に便利な工具です。

建設や土木工事業といったプロの現場では必須アイテムとして常用されています。

sr1

 

安全に使用するための注意点

  • ボルトカッターを使用する際、切断したい箇所は刃先の先端側で挟むのではなく、中央よりも奥側で挟むようにしましょう。理由は、刃先の先端部分では効率的に力が加わりにくいだけでなく、刃こぼれの原因にもつながるためです。
  • 切断したい箇所の外径や材質に対応したボルトカッターを使用しているにもかかわらず、簡単に切断ができない場合があります。そのようなときは、無理をして1回で切断しようとせず、数回に分けて切断するようにしましょう。無理に切断をしようとすると、ボルトカッターが単に刃こぼれするだけでなく、切断箇所が飛散して事故を起こすことも考えられます。ボルトカッターはテコの原理を利用するため、扱いやすい工具ではありますが、使用する際は事故防止を意識して作業するように努めましょう。
  • より線は、線の本数や構成にもよりますが、切断する際に線がバラけたり跳ね返ったりすることがあります。より線を切断する場合は、切断箇所をビニールテープなどで予め巻き付けてから、ビニールテープごと切断するようにしましょう。この方法は、事故防止はもちろん、作業を円滑に進めるためにもぜひ活用してください。
  • ボルトカッターを使用する際は、事故防止のために必ず保護メガネを着用するようにしましょう。特に、ボルトや鉄骨などを切断する場合は、切断物の飛散から目を守るためにも、意識的に保護メガネを着用するようにしてください。