汎用圧着ペンチ オープンバレル端子用 0.05-2.0mm2極小端子用 AWG#30~#14 IWS-1442L

¥3,980

商品寸法:L205mm ; 重量:0.3kg
参考対応芯線サイズ:0.05~0.2mm²、0.05~0.5mm²、0.08~0.8mm²、0.13~1.25mm²、0.5~2.0mm²、0.8~2.0mm²
参考対応電線外径 : 0.7~1.2mm、0.9~1.5mm、1.1~1.8mm、1.3~2.2mm、1.6~2.6mm、1.9~3.2mm、2.3~3.8mm、1.0~1.6mm(円形圧着用)、1.6~2.2mm(円形圧着用)
対応可能な端子(参考):Molex、日圧(JST)、HRS、テイシン電機 、JAE、ダイナミック 等のコンタクトピンの圧着に。※汎用型工具ですので、端子メーカーが指定する圧着強度などの基準を必ずしも保証するものではありません。
特徴:①新ラチェット機能装備、片手でも素早い締め付けが可能。②EDM加工によりダイスの弾性係数、硬度が高い。③15種類の大小様々なダイスにより、小型から大型まで幅広い端子に対応。

    

商品説明

logo

 

sr1

sr2

オープンバレル端子(オープンバレル型コンタクト)用圧着工具になります。

15種類の大小様々なダイスにより、小型から大型まで幅広い端子に対応である汎用性が高いものです。

参考対応電線外径 :

0.7~1.2mm、0.9~1.5mm、1.1~1.8mm、 1.3〜2.2mm、1.6~2.6mm、1.9~3.2mm、2.3~3.8mm

参考対応芯線サイズ:

0.05~0.2mm²、0.05~0.5mm²、0.08~0.8mm²、0.13~1.25mm²、0.5~2.0mm²、0.8~2.0mm²

 

 

sr21

 

汎用性が高い肉厚段付のダイス部

・ダイス部は段付で薄く仕上げています。小型から大型まで幅広い端子に対応可能へ。

 

 

sr12

 

ラチェット機構装備

・ラチェット機構採用により、トグル機構よりも軽い力で確実に圧着できます。

・また、緊急解除機能により噛んでしまった場合でもロックを解除することもできます。

 

sr13

 

滑りにくいグリップ

・エラストマー製グリップが手によくフィットし、負担が少なく、軽い!

 

 

圧着サンプル・適応端子

 

sr3

 

 

対応可能なコネクター(弊社独自検証)

・JST

XH(SXH-001T-P0.6)、PA(BPHD-002T-P0.5)、ZH(SZH-002T-P0.5)、EH(BEH-001T-P0.6)、SM(SSM-01T-P1.4)、PH(BPH-002T-P0.5S)、VH(BVH -21T-P1.1)、XA(SXA-001T-P0.6)、XL(SYM-01T-P0.7)

・MOLEX

PicoBlade(50079-8100)、6.7mmピッチ(1189AT、1380T)、4.2mmピッチ(5558T)、3.68mmピッチ(1560T)

・ダイナミックD-2000コンタクト (1318108-1)、ダイナミックD-3000コンタクト(175285-2、175285-5)、AMP(171630-1、171699-1、173600-1、171631-1、175195-2、1-175195-5、175196-2、1-175196-5)、EconoSeal J Mark II(171661-1、171662-1、173706-1、173707-1)、Mate-in-Lok(350536-3、350537-1、350538-1、350551-1、350552-1)

・テイシン電機(C-106-1、C-107-1、C-201A、P-421(E)、C-106-1、C-107-1、C-201A、P-421(E))

※ギボシ端子の圧着にはとても握力が要されますので、ギボシ専用ペンチ(HS-0520B、HS-03BE)の方が良いかもしれません。

※あくまでも汎用型工具ですので、圧着形状を必ずしもきれいであることや、端子メーカーが指定する圧着強度などの基準を必ずしも保証するものではありません。また、正しい圧着要領については各端子メーカーの仕様書に従って行って下さい。検証結果については圧着の可否を保証するものではありませんので予めご了承下さい。

※メーカー様は一切関係ありません。

※本件について端子メーカーへのお問い合わせも一切ご遠慮下さい。

 

使用方法

sr4  sr7

STEP 1:芯線圧着用ダイスの選定

  • 芯線圧着用ダイスを選定。バレルを平行にした時の幅をノギスで計測してください。

STEP 2:端子を装着

  • 選択したダイスの凹部に芯線バレルを手で装着してください。
  • グリップを軽く握り、芯線バレルとダイスを仮固定します。

STEP 3:芯線部の圧着

  • ストリップしたコードを芯線バレルに挿入してください。電線をセットした状態で、グリップを握りこみ本締めします。

STEP 4:被覆部の圧着

  • 上記手順で同様にダイスを選択し圧着してください。